様々なかたちの「働く・働き続ける」「創る」をサポート様々なかたちの「働く・働き続ける」「創る」をサポート

若草工房は、就労移行支援・就労継続支援B型・生活介護の3事業を運営する多機能型の事業所です。「働く場・働く準備の場」として、また「活動を 楽しむ場」として、それぞれの「思い」や「目標」の実現を目指しています。「就職」「企業での仕事(実習・施設外就労)」「地域から依頼を受けた 仕事」「企業からの受注作業」「オリジナル商品製作(アート活動で生まれた作品をデザイン)」など、様々なかたちで『働く・働き続ける』『創る』 をサポートしています。

施設特徴

  • 知的障害、発達障害のある方を対象としています。
  • 地域と繋がり、「やりがい」「達成感」「喜び」を実感できる活動を提供します。(3事業共通)
  • 仕事以外の活動も楽しみたい方にいろいろな活動を提案します。(生活介護)
  • アート活動で生まれた作品からオリジナル商品を製作し販売しています。(生活介護)
  • 「会社で働くのは不安だけれど働きたい」「ゆっくり就労に向けた力をつけていきたい」を応援します。(就労継続支援B型)
  • 企業内で行う実習や仕事の機会もあります。(就労継続支援B型)

取り組み

  • 生活介護:創作、屋上菜園、作業(オリジナル商品製作、受注作業、段ボール回収など)、その他余暇活動
  • 就労継続支援B型:受注作業(プラスチック製品の組み立て、包装、梱包、草刈りなど)
    企業内作業(清掃、紙加工など)、その他(カラオケ、PCなどの余暇)
  • 就労移行支援:基礎訓練、応用訓練、就職・定着支援
    *就労移行支援は職場に近い環境で訓練が出来るように別の場所を借りて取り組んでいます。

*アート活動は、就労継続支援B型、生活介護の利用者を中心に定期的に実施。

定員

  • 33名(生活介護8名、就労継続B型17名、就労移行支援8名)

利用の流れ

まずはお電話ください。
面談を希望される場合は日程調整をさせていただきます。
(お電話での相談も可能です。)

連絡先

ページトップへ